不倫調査は自分でもできるか?プロとの違いを検証!

- 取り組んでおくべき事もあります

取り組んでおくべき事もあります

不倫の情報収集の手段を検討する前に、取り組んでおくべき事もあります。
このページでは、情報収集の要請を行う前に取り組むべき事に関して解説をしていきます。

【毎日の備忘録を可能な限り書き記しておく】

浮気が勘繰られるケースでは、備忘録などの形式でパートナー(主人・女房)の振る舞いを書き記しておくようにしてください。
別に、自力で追跡を行なって振る舞いを突き止めろ、と言っている訳ではないのです。
地方回りや時間外労働の記録を残しておくように努めるのです。
出掛ける・外に宿泊する時機などは、浮気の情報収集の大切な情報となります。
この記録は、十分に女房・主人には発見されないようにしてください。

【配偶者をきちんと見守る】

相手の些細な差異に注意を向けるようにしてください。
なんだか会話に違和感がある、だとか、道楽・ファッションが変化したという部分は、浮気のサインです。
蓄積すれば状況証拠にもなるため、毎日の記録に併せて書き記しておくようにすると良いと思います。

【姻戚関係の解消や損害賠償に関しての仕組みを把握しておく】

姻戚関係の解消の仕組みや損害賠償の市場価格など、前もって把握しておくべきデータは数多く存在します。
情報収集を行なった後で検討するという事でも構わないのですが、法的措置の全体を理解していないと無駄な取り組みをしてしまう場合も存在します。
姻戚関係の解消の手段にはどういった手段が存在するのか、損害賠償を申し立てる為の秘訣は?
など、幾らか集成的にノウハウを獲得しておくようにしてください。
調査するのが煩わしい、という人は市町村が行なっているタダの法律の話し合いなどを使うと良いですよ。

【探偵会社などに関してのデータを集める】

要請する予定の探偵の噂や評価などを収集してください。
都市部だと、ユーザーの大半がインターネットにコメントなどを記入していますし、地方だと使った知人からの評価も即座に窺える筈です。
規正法が制定されたとはいえ、探偵は審査や免許も必要ない仕事。
どの探偵会社を選択するのか、という事もとても大切な要点となってくるのです。

【何の為に情報収集を行うのかきちんと検討しておく】

浮気の実態を把握して何を行いたいのか、という事は前もってきちんと検討しておく必要があります。
姻戚関係の解消さえ叶えば構わない、というケースと、浮気の対象から損害賠償をきちんと貰う、というケースとでは裏付けを収集する手段も違ってきます。
情報収集の目当てを検討する基盤として、上述した仕組みに関してのノウハウなどが効果を発揮してくる訳です。
いかがでしょうか。要請を検討する前に、こういった事を時間をかけて用意しておくようにしてください。

関連記事: