不倫調査は自分でもできるか?プロとの違いを検証!

- 即座に発覚してしまいますよ

即座に発覚してしまいますよ

自力で不倫の情報収集を実施する時には、発覚しないような手段・振る舞いを肝に銘じる事が大切です。
発覚してしまえば、色んな不利益やマイナス要因が発生してしまいます。
【自分で行う情報収集は絶えず発覚する恐れが存在する】
自力で浮気の情報収集を行うと、発覚してしまう恐れが存在するという事をきちんと認識しておいてください。
近頃では、ケータイを別の人が使った場合には履歴が残るようなアプリケーションなども登場しています。
メールを覗き見しても発覚しないだろうという見込みは既に過去のものとなってしまったのです。
主人や女房の部屋を捜索した時でも、僅かのミスで察知されてしまう恐れが存在します。
不倫を行なっている方というのは、それなりに気を配っているものです。
何か秘密裏に調査しているな、という事には予想外に鋭敏に察知するのです。
【発覚してしまうとこうなる】
浮気の情報収集を行なっている事が発覚してしまったら、以下のような状況に陥ってしまいます。
・姻戚関係の解消の名目になってしまう
「不倫を勘繰るなんて・・・そのような人間とは婚姻生活を継続できない」と強弁されてしまう恐れがあります。
反社会的行為・非合法行為を実施していたケースよりは、姻戚関係の解消が承認されにくいと思いますが、それでも承認されてしまうリスクも存在します。
ノウハウを有している方であれば、それを機会にして別れて暮らし始めると思います。
一度夫婦の暮らしが決裂してしまうと、それ以降の不倫は訴訟でも責任を問われなくなってしまいます。
平然と不倫できる機会を自分で生み出してしまう事になる恐れがあるのです。
・用心深くなる
情報収集を行なっている事を察知すれば、無論発覚しないように振る舞いを一段と注意深くすると思います。
そういう風になってしまえば、その後の情報収集は困難になってしまいます。
浮気の情報収集会社などに要請しても、その分上乗せの費用を吹っ掛けられてしまう可能性があります。
【発覚しないようにする為には】
発覚しないように情報収集する為には、以下のような要点を理解すると良いと思います。
・間違いなく相手が留守にする時間帯を見計らう
部屋や所持品を見つけ出すのであれば、業務中や風呂に入っている間など手堅い時間帯を選択するようにしてください。
これでも、用心している方なら察知されてしまう恐れがあります。
・過度に行動しすぎない
自分はアマチュアなんだ、という事をきちんと認識して注意深く取り組む事が大切です。
過度に行動しすぎたりエスカレートしてしまえば、即座に発覚してしまいますよ。
・専門家に要請する
最も効率的なのは、探偵に要請する事だと思います。
この要請の時にも、察知されないように努める事が重要です。

関連記事: