不倫調査は自分でもできるか?プロとの違いを検証!

- 視覚に直に働き掛ける裏付け

視覚に直に働き掛ける裏付け

探偵による不倫の情報収集は、確実な裏付けを収集するような手段で行われます。
確実性のある裏付けは、動画・写真などです。
有り様を予測するのではなく、視覚に直に働き掛ける裏付け。
そのため、裁判所から見ても信頼性が高いと看做される訳です。
【確実性のある裏付けとは】
動画・写真を単に撮影しても、確実性は発生しません。
あなたの主人(女房)が別の誰かと逢い引きを行なっていたようなケースでも、これのみでは貞操義務の不履行とは判断されません。
法律的に不倫として看做される為には、肉体的な結び付き(セックス)を持っている必要があるためです。
逢い引きのみでは、姻戚関係の解消は不可能ですし、損害賠償も貰えないのです。
思えば当然の話で、異性と外出しただけで不倫として看做されていたら世間は由々しき事態に陥ってしまいます。
婚姻関係を結んでいるからといって、異性と全くコンタクトを取ってはならない訳ではないのです。
業務という場合もあると思いますし、交宜もあると思います。
そのため、不倫を確実に立証する為には、逢い引きから一線を越えている間柄にある事を証明する必要があります。
詳しくは・・・相手の自宅に一晩滞在した、ホテルへ一緒に訪れていた、などの状況を写真に撮影しなければならないのです。
【同じ場面を写真に撮ってもメリットは異なってくる】
ホテルを訪れた場面を写真に撮ったと仮定します。
ですが、カメラの機能が優れていなかったため人相がピンぼけしている・・・後姿しか撮影できていない・・・人相は物の見事に収まっているけど、人相しか収まっていない・・・というケースでは、裏付けとしてのメリット・重大さは低下してしまいます。
確実性とは定義できなくなってしまうんですね。
わざわざ不倫の場面を確保しても、訴訟で効果を発揮しない裏付けとなってしまう恐れもあるのです。
そのため、探偵などの専門家は、写真を撮る機材・手段には慎重に事を運びます。
人相を明瞭に正面から撮るのはセオリーの中のセオリー。
暗い公園などでも、物の見事に写真を撮る事が可能な機材を用意しています。
人の往来の多くないホテル街などでは、望遠レンズが役立っています。
ラブホテルを訪れている場面のみではなく、フロントで使う部屋を選択している場面やホテルから出てくるシーンなども押さえるように努めているみたいです。
以上のような行き届いた用心・専門的知識はアマチュアにはどうやっても模倣できないところです。
短期間では習得できないテクニックも存在します。
確実な裏付けを間違いなく確保する為には、やっぱり専門家の助けが不可欠となってくる訳です。

関連記事: