不倫調査は自分でもできるか?プロとの違いを検証!

- 最も重要なのは直接証拠となる写真です

最も重要なのは直接証拠となる写真です

不倫の情報収集には、様々な手段が存在します。
ですが、その中でも取り分け大切なのは裏付けの調達・獲得だと思います。
不倫には色んな裏付けが存在しますが、最も重要なのは直接証拠となる写真です。
【不倫の裏付け】
浮気の裏付けと聞くと、やり取りしたメールやクレジットカードの記録などをイメージする方も少なくないと思います。
ですが、こういった裏付けは全部間接的な裏付けに過ぎないのです。
不倫の実態を予測させるだけで、直接的な裏付けが可能な訳ではないのです。
やり取りしたメールやクレジットカードの記録などは、様々な逃げ口上を言う事が出来るのです。
【写真は確実】
そのため、探偵は確実な直接証拠を獲得する事に全身全霊を傾けます。
確実な裏付けとは、写真。
その中でも「ホテル」を二人で訪れている場面は取り分け貴重なものとなります。
トイレを拝借する為にホテルを訪れる方も殆ど存在しないと思いますし、使う目当てが単なる滞在などではない事は間違いないためです。
【専門家は間違いなく撮る為に知恵を絞っている】
とは言うものの、そういった場面を確保する為には様々なテクニックや専門的知識が不可欠となってきます。
ラブホテルを訪れるのは、普通夕方を過ぎてからだと思います。
それを撮る為には、安価なカメラでは十全を欠きます。
ナイトビジョン機能や赤外線機能などを内蔵した専用の機材を使わなければなりません。
更に、接近して写真を撮る訳にもいかないため、ズーム機能が優れている必要があります。
ズームには、光学ズームとデジタルズームの2のタイプが存在します。
前者は、望遠レンズを用いるため、明瞭に撮る事が出来ます。
後者は単に拡大するだけなのでそれほど明瞭に写らないのです。
探偵業者によっては、1000倍を超えるズーム機能を備えているカメラを用意しているケースも存在します。
数百メートルくらい距離を開けた場所からでも、物の見事に人相を撮る事が出来るようになるのです。
不倫の場面のみではなく、それより前の経緯も確保しておくと逃げ口上が困難となります。
そのため、追跡の時にも小型カメラなどをカバンに隠して、断続的に写真を撮る事が少なくないみたいです。
近頃のピンホールカメラは、表面的に確認しただけでは判別できないようなものもよくあります。
機能の向上が発展してきているのです。
探偵業は機材のみでなく、写真を撮る技術にも精進を重ねています。
写真を撮る手段やテクニックなどが求められるためです。
訴訟の裏付けとしても活用できるようにする為に、様々に手立てを考えている訳です。
写真を撮る状況では、探偵は色んな専門の機材と技術を完璧に使っています。

関連記事: